2013年08月25日

二重奏

昼夜の二重奏である。

開けた窓から響いてくる蝉の鳴き声は、去り行く夏を惜しむ象徴のように思える。
鳴き声は日増しに迫力が消え失せて、そろそろ主役が交代する時季となる。
夜になると茂みや側溝から、秋の虫の鳴き声が小さく響いていた。

窓を開けて、寝れるようになった。
夏の疲れを感じていたので、自然の涼しさは心地いい。
季節があるということは、幸せな気分になるものだ。

秋はそこまできている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック