2013年08月09日

踊る新潟

9日 新潟まつり初日。

大民謡流しがはじまる前、にわかに浴衣姿の参加者でざわめく街中の雰囲気が好きだ。
僕は「新潟甚句」が鳴り響く、同時刻が開店なので、見物に行けないのが残念である。

昔ほど、盛り上がりには欠けるという。
昔は終了の合図とともに、浴衣姿で居酒屋やスナックに顔を出すのが、粋な遊び方だった。
今はシャワーを浴びにさっさと帰宅する人が多く、まつりの風情も変わってしまった。
年に一度、浴衣を着付けしたんだから、立ち振る舞い含めて着流しで遊ぶのも粋なんだ。

別名「盆踊り」というぐらいだ。
盆は盆でも、煩悩(ぼんのう)の「煩」で解釈すれば、気が狂うほど踊り続ければいい。
夏の鎮魂行事なんだから、欲望まみれの邪気をはらい、悪霊が退散するまで「新潟甚句」を踊るのだ。
踊りは簡単だから、「24時間 チャリティー新潟甚句」でもいいでしょ。

アフリカの原住民の踊りは凄まじい。
白目を出して口を半開きにして、変な呪文を唱えながら、幻覚を見るまで踊り続けるのだという。
踊り続けた先では、何かが頭上から降臨して、生まれ変わった気持ちになれるのだろう。
日本の滝修業みたいに、気持ちがスキッとすると思うし、「新潟甚句」改め「幻覚甚句」である。

なんか、俺の頭の中でも「まつり」がおきている…
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
30年前の魔猿氏のダンスを、今の人が見たら絶対にドン引きする事、間違いなし!。けど、もう一度だけ見たいなぁー手(チョキ)
By:明日お世話になります。ジャックMASARUです。
Posted by ス―パーダンサー/MASARU at 2013年08月09日 04:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック