2013年05月22日

空が青い

寝汗で目覚めた昼下り。

レースのカーテンを引いたまま窓を全開にしたら、そよ風が顔に触れる感覚がとても気持ちよかった。
着替えるほどの汗ではないので、タオルケットをかけなおして、もうしばらくベッドに横たわっていた。

そよ風に雑じって、いろんな音が窓から飛び込んでくる。
学校のチャイムの音、体育館から響く球技の音、ホイッスルのあとに続く大きな歓声…
目を閉じているときの音は、目を開けているときより敏感だったりもする。

これ以上の睡眠は必要ないので、うとうとを繰り返しながら、時計を横目に寝覚めのタイミングを計る。
こうして、30分は経っただろうか…
寝汗が乾いた身体に熱いシャワーを浴びせて、仕上げに適温の水をかぶって熱を冷ました。
これからの時季、こんな寝覚めの日も多くなるであろう。

シャワーを浴びた後のアイスコーヒーが格別に美味しくなってきた…  空が青い、さあ出かけよう!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック