2013年04月27日

プロフィール

女性に一番嫌われる男は、学歴や家柄、年収や肩書を自慢するタイプと決まっている。

個の偏見は、人を遠ざけてしまう。
残念ながら、陰で小ばかにされている。
こういう男、ベッドの中でも学歴を持ち込んで、自分勝手に昇天して悦に入るだろう。
ちょっとした、いさかいでもおこせば、「女のクセに…」と下品に言葉を吐き捨てる。
最後は偏見で道をあやまる気がする。

一番モテル男って、身近なことをしてくれると思う。
簡単な料理だったら作れるとか、電化製品の配線ができるなど、女性が苦手なことをしてくれる。
力仕事や修理仕事、または自分でできる事はさっさとやってしまう身軽さがあるんだ。
当然、男にも好かれている。

飲食店を経営していても、自分では料理ひとつできない。
大きなビルを建てたとしても、自分では棚ひとつ作れないようでは、肩書自慢も高が知れる。
女性に離婚歴があり、小さい子連れだったとしても、子煩悩になれる初々しさに好感がある。
身近な生活に「スーパープロフィール」など、ほとんど関係ないことなんだ。
行き過ぎた経済原理「稼ぐが勝ち」が、日常生活のひとコマすら奪った気もする。

男女年齢問わず、好かれる人は日常で役に立つ人なんだ。
役立つというか、きっと頼られるんだろうな。
女性が接客するお店で、一番モテル男の職業は何か知っている…  大工だ。
大概は領収証を切れる肩書に擦り寄ってるだけで、本当にモテルのは棚ひとつ作れる器用な男だ。
何も大工仕事に関わらず、フットワークの軽さであったり、大人にも子どもにもなれる順応さ。
小中学校の友人にこういうタイプがいるけど、今晩そんな彼らを見ていて少しうらやましくなった。
僕はスーパーゼロだけど、本当に中途半端なおっさんになってしまったな…

賢い女性ほど、男をプロフィールで見ないのは本当だよ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック