2013年04月23日

叶わぬが夢

生活圏でもある万代では、新しい顔ぶれが目立つようになってきた。

商業施設なら新入社員に転勤族、集合住宅であれば転居家族。
毎年、街中も新陳代謝が図られていく。

僕に何かがない限り、万代から離れることはないだろう。
本当は惚れた街ではなかったけど、そこから動けなくなったと言うほうが正しい。

その昔、晩年はサイパンへ移住したいと思っていた。
今となれば甘い夢だけど、夢は叶わないから夢だったりもする。
だから、夢なんて叶わなくてもいいんじゃないかと、ある意味で冷めたところもあるんだ。

夢を描いて、頑張っている人は健康的である。
反面、夢を追いかけすぎて不健康な人もいる。
最近は夢なんて、自分の移住区でほどほどに叶えばいいんじゃないのかとさえ思えるんだ。

矢沢永吉のサクセスストーリーに憧れたこともない。
悪趣味なお金の遣いかたで、派手な快楽を求めるタイプでもない。
年齢的にも、自分の身の丈ってわかっているからね。

それなら気の許せる人と焼鳥の串を皿に並べながら、くだらん話で豪快に笑えるほうが僕は好きだな…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック