2013年03月13日

侍ジャパン

WBC 日本代表「侍ジャパン」が決勝ラウンドに向けてアメリカへ飛び立った。

一次ラウンド終了時、彼らに強い期待を抱けなかった。
覇者らしからぬ、小心ぶりな戦い方に風格を感じなかったからだ。

二次ラウンド初戦、不気味な戦力で日本に挑みかかって来た台湾。
あそこまで追い詰められた結果、本来の強い「侍ジャパン」が息を吹き返したと思われる。

運も味方につけていた。
一次ラウンドで韓国が敗退、二次ラウンドではオランダがキューバを破り、いい意味で予想を裏切った。
「漁夫の利」ではないが、満身創痍な対戦相手になったこともラッキーだった。

台湾戦以来、「日本のどこにこんな力があったんだろうか…」と思ったし、オランダを返り討ちにして       二次ラウンド1位で決勝ラウンドへ進出した。
ここまで見て思ったことは、勝負は慢心か臆病風に吹かれたほうが、だいたい負けるものだ。

「和をもってよしとなす」 日本人の気質であれば、団体機能を十分に果たせるスポーツであろう。
サッカーにも共通しているが、応援する側も「自分がしているんだ」という入れ込み方が強いんだ。
決勝ラウンドはベースボールの聖地アメリカ。  ここまで来たら、意識は「3連覇」しかないでしょ。

想像してごらんよ…
本場アメリカで、ウイニングボールがキャッチャーミットに、乾いた音で「ビシッ!」と収まった一瞬を…
その瞬間、日本中が「Yeah!」と、歓喜に沸き返ることを願って!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック