2013年02月14日

義理チョコ

2月14日 バレンタインデー
厳密には年に一度、女性から男性へ想いを告白できる、聖なる求愛の日となる。

その昔、女性は秘かにざわめいていたし、男は意識してひとりの時間を作っていたと思える。
女性は渾身に満ちた気合の1個だけを、本命の男に手渡すのに火花を散らしあっていた。
有名店の高級チョコ、手間暇かけた手作りチョコ、スーパーの板チョコであろうがその想いは一緒。
要するに想いを告白できた女性が、交際切符を持てた日である。
男がその答を用意しておく締切日が、ホワイトデーであろうか。
流れを汲めば、まどろっこしい時代でもあった。

現代は「花咲かじいさん」ならぬ、「花咲かねえさん」みたいに数を配る。
その発想は「幸せを多くの男性へ…」と、ビジネス的なイベントでもある。
それにラッピングも色鮮やかになり、どんなチョコであろうと高級に見えてしまう演出がある。
こうなると選り取り見取りのキャバクラ嬢みたいに、ひとりに限定しにくくもなるわけだ。
今のバレンタインデーは粒揃いのキャバクラで、昔は貞操な小料理屋の女将ほどの違いがある。
1個にかける、女の操って感じでさ。

今の風潮を楽しめないようじゃ、遊び心がないような気もする。
以前、バレンタインデーになると、異常に鼻息荒く否定する女性がいた。
「過去、酷い出来事にでもあったのかな…」とさえ、思わせたほどの全否定ぶりだった。
擬似恋愛を楽しむことで若返ったり、表情がいきいきするのに損しているよね。
ときめきがないと言うことは、もう「おばばの証拠」である。
それを開き直って認めてしまったら、恋愛感情の閉経状態なのだ。
だから、バレンタインデーは気合を入れて、世の男性と擬似恋愛するべきなのである。

僕はこんなことばっかり言っているから、女性から相手にされないんだろうな。
それでも奇跡がおきたんだよ、奇跡が、 義理チョコレート3個GET!
生まれてこの方、新記録だよ、新記録、 男なんて単純なのである。

それまでの前言は撤回して、彼女たちだけは「幸多き1年」になるであろう。
僕はこう見えても、「福チン」なのだ… ?  
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック