2012年12月27日

ツリー撤去

クリスマスツリーを撤去したら、店内が少し寂しくはなったが、以前の雰囲気に戻っただけのこと。

儚いからいいんだ!
日本人は桜や花火のような、儚いものに心が奪われる傾向がある。
クリスマスツリーのイルミネーションもそうだ。

名残惜しいからと言って、いつまでも装飾しているのは粋じゃない。
感覚的には、できあいの料理だけでなく、単純な味付けで季節感のある料理と同じだと思っている。
一年中、イルミネーションだらけなら、季節に架け橋がないようでつまらないんじゃないかな。

こうして、季節や行事を過ぎ去りながら、人は正気を保っていると思うね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック