2012年11月17日

内服薬

内科医で二週間分の内服薬を追加した。

普段から薬に頼らないので、効き目はいいはずなんだけど、今回は即効的ではない。
徐々に良くはなっているが、まだ完全とは言い難い状態である。(15日参照)

処方せんの窓口で「(胃の)状態が回復したら、自分の判断で(薬の)服用をやめていいですか」と質問したら、薬剤師から「弱い薬なので、最後まで飲み続けてください」とのことだった。
血液検査の結果も問題なしだったので、そのまま「ウキウキ気分」で帰宅。

相方へ問題がなかったことを能天気に告げると、何やら表情が一変してきた。
「あなたはどうして、肝心なことを聞いてこないの」と、ご立腹の様子。
要するに「どうして、こういう症状になったのか」… 「食生活で気をつけることはないか」…
「薬を途中でやめていいかより、医師への質問のほうが大事でしょ」…
「せっかく治ったのに、また同じ症状が起きたらどうするの」… なおも波状攻撃は続く… #$&%!

「あー、あぁー、うぅー」 指摘されるとおりで何も言えない。
治りかけの上、血液検査の結果に調子こいて、肝心なことを聞くのを忘れてしまった。
僕はリビングで、内服薬の袋を片手にぶら下げた状態で、呆然と立ったまま説教をされていた。

こいつ、俺とは着地点が違うぞ!  ワシはアホである  (T_T)V イェーイ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック