2012年11月07日

Friend Ship

今晩、9月25日のブログにおける感想を頂戴した。

お客さんから、「友人って、かけがいないよな…」 そんな切り出しからだった。
友人は、かけがえのない反面、心地良くもストレスにもなる。
自分を変えてくれる新薬にもなるけど、自分を束縛してしまう副作用にもなると思う。

職場の人間関係は選べないので、友人気分で接していたら、後から辛くなるものだ。
友人になりたかったら、どちらかが仕事を辞めた後のほうが、うまく行くと思える。
その時は、ランニングパートナーみたいなものである。

日常生活では、急に親しくなった関係ほど、急に離れていくもの。
利害関係もあるだろうし、相手を支配できない関係だと思えば、黙っていても去るものである。
最初は挨拶以上、せいぜい知人未満にしてないと、すぐにあいつにはだまされたになるでしょ。
友人の進行形は、「時間」×「場面」=「親友」だと思っている。
サッカー観戦でゴールを決めた瞬間、隣のお兄さんと興奮して抱き合って喜ぶのは友情じゃないし。
友人はそれなりに時間がかかるものだから、冒頭の言葉を借りれば、かけがいがないのである。

年齢が増せば、気軽に食事ひとつするときでも、何か意図を持ち込まれることもある。
僕は用心深い性格ではないし、どちらかと言えば、竹を割ったようなつき合いをしてきたつもりだけど、 少し構えざる得ないときも確かにあった。
わかったことは、安定したつき合いの中でしか、友人つき合いはできないこと。
そういう中で、きちんと「俺の友達だ」と、紹介できる友人がいるかである。

たまに女性客から、「男のどこ(内面)を見ればいい」と困った質問をされる。
答えに自信はないけど、「男友達を大切にしている男がいい」とは言う。
男に評判が悪いと、どこか信用性に欠けてしまうのが、男ルールである。
友人つき合いを大切にする男なら、間違いなく女性も大切にするはずだ。

僕自身のことは、友人が語ることだから、自ら野暮を綴るつもりはない。
それでもハッキリしていることは、ひとりでも深夜に電話できる友人がいれば十分である。
本当に電話をするしないは別だが、男女問わずにひとりは欲しいよね。

それこそ、まぎれのない友人だと思う。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック