2012年10月28日

さんま二尾

僕の食卓だけ、何で「さんま焼き」が二尾なんだ。

さんまを食べられるようになったからといって、何で二尾なんじゃ。
「わしゃ、いつから猫になったんじゃ」
そんな質問を相方にしたら、「食べられると言ったじゃない」と反論。
いや、「この分だと二尾平らげられるかも…」と独り言だったはずだ。
すると、Let`s Challenge ! と命令された。

僕は、Challenge という言葉に弱い。
早くも、山盛りの大根おろしにポン酢をかけながら、箸先で身を解していた。
脂の乗ったうまみが、口中にじんわりと広がり、湯気の立った白飯を頬張る。
ビールで喉を湿らせながら、今度はさんまの内臓を口にした… 「う、苦い」

この部位は、おいしいのか、まずいのか、いまだにわからない… ごちそうさまでした。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック