2012年09月21日

大相撲ダイジェスト

毎年奇数月の二週間、我が家のリビングは「ひとり桝席状態」となる。

本場所中は深夜に録画した、「大相撲ダイジェスト」を見ながら、一杯つける時間が何よりも楽しい。
夕方からの中入り後の取組では、開店の準備や家の雑用などもあり、生中継を見ていることは少ない。
寧ろ、結果のわからない状態から、一番一番の勝敗を予想しながら、解説者気分で見るほうが好きだ。

それこそ、今場所の立ち合いや取り口を振り返り、所作や表情を見て瞬時に東か西に勝敗を予想する。
瞬間のスポーツなので、「強いものが勝つとは限らない」のが相撲の魅力だ。
だから、予想する難しさもあるんだけど、我ながら的中率は高いものがある。
満更、経験のないスポーツではないので、攻防の中で「こう来るぞ」と勘が働くことも稀にあるんだ。

それでも、「ひとり解説席」は止まらない。
相撲の解説と言うよりも、不甲斐ない相撲をやった、力士に対する文句の方が多い。
中途半端な立合いなら… 「下痢でもしてんのか。ケツの穴にコルク栓をしておけ」
変化ばかりしていれば… 「変なゲン担ぎでも、始めたんかいな」
不甲斐ない負けならば… 「おまえは、夜勤明けか」
力士の中には、「時給を下げられて、やる気をなくしたバイトが、ムカついた表情で職場に出勤してくる」ような顔で、土俵に上がっている様子も伺える。 (我ながら、なんちゅう例えであろうか…)

こんな具合に取組とは関係のない、「ひとり語録」を並べて、毎晩「大相撲ダイジェスト」を楽しんでいる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック