2012年09月20日

凛とした恋

平凡な日々で、年齢を重ねていくと感じたら、恋をすることをお薦めしたい。

既婚者の愛は不変である。
だが一歩外出すれば、女性を恋心で見ることは、結構大切なことだと思っている。
外出先では、自分の時間でもあるので、自分のために使うべきである。

どこかの店員に恋心を抱いてもいいんだし、知人の女性と楽しく会話をしてもいい。
要するに高揚した気分に後押しされて、自分らしくない行為をしなきゃいいと思う。
女性の意思に反して、しつこくつきまとったり、負担に感じるような贈り物をしたり、あくまでも理性の範囲で恋をするのが、長いつき合いの秘訣なんじゃないかな。

女性店員なら、「今日はあの人来るかしら…」と思えば、メイクだってきちんとするでしょ。
自分を立て直すためにも、「凛とした恋」は必要だとは思える。
僕は外出したら、独身気分になるけど、日常の空気を入れ換えることで家庭を大切にできるものだ。

そういう、心ときめく気持をいつまでも持っていないと、男も女も早く老化していくように思うね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック