2012年09月14日

プチ旅行

9月は連休が続けざま2回もあるので、どちらかは行楽地へ出かける人も多いだろう。

今は泊りがけでは、どこにも行き難いけど、数年前までは「ブルーノート東京」へジャズを聴きに行くか「両国国技館」へ大相撲を観戦しに行くか、いつも迷うところだった。

宿泊先は浅草が好きだ。
9月は大相撲秋場所が開催されるのでなおさらだ。
初日は上野動物園を散歩して、夕方からは浅草観光を楽しむ。
今は周辺の東京スカイツリーが賑わっているが、我先に見物を競い合うほどの気持は持つことはない。
寧ろ、浅草界隈の道すがらをゆっくりと眺めて歩くだけでもいい。
夕食は江戸情緒を満喫したいので、「もんじゃ焼き」か「天丼」、「すき焼き」なんかもいいだろう。

もう少し酔いたいと思えば、勘を頼りに路地裏のバーを探して歩く。
条件は女性のサービスがなく、ひとりでも気兼ねしないバーだが、見つけるのが至難の技である。
店内には、ヘレンメリルの気だるい歌声が流れており、ジャズを楽しく語れるマスターなら腰が落ち着く。
もちろん観光で来ているんだから、対面ゆえの気遣いがあれば嬉しいものだ。
そんな夜を経てホテルに戻れば、心地良い眠気に誘われて、きっとよく眠れるであろう。

朝は遅めのコーヒーで寝覚め、昼からは大相撲観戦へ出かける。
観戦場所は、二階の椅子席で十分である。
館内では浴衣姿の力士が放つ、びんつけ油の匂いが漂ってくると、相撲情緒を感じずにはいられない。
力士の所作に伝統美を感じて、取組に一喜一憂しながら、結びの一番と弓取り式まで楽しむ。
帰りは正面入口のやぐら太鼓の音色を聞きながら、19時〜20時台の上越新幹線で一路新潟へ。

こんな1泊2日の、「浅草プチ旅行」はいかがですか…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック