2012年08月19日

日本無視

次は、「日本無視」がはじまるぞ。

中国と韓国には、ほとほと呆れてしまった。
魚釣島には、中国の自称「活動家」が上陸した。
強制送還された連中は好戦的で、あの人相と態度を見れば普通の民間人じゃないでしょ。
中国はいつも、マッチポンプ(自ら事件を誘発して、解決した気になって英雄を演じる)である。

竹島には、今までの日韓外交を反故にするかのように、大統領自らが上陸した。
しかもこの期に及んで天皇批判まで繰り返し、日本国民の感情を逆なでにした。
竹島に遠泳した韓国の芸能人たちに至っては、売名行為と言おうか悪乗りにしか思えない。
そんな両国、どこが儒教の国かわからないが、そのやり方は非文明国としか言う他はない。

これもまた、ロシアの首相が北方領土に足を踏み入れたことは記憶に新しい。
豪州の反捕鯨団体しかり、日本人拉致問題で当たり前の理屈が通用しない北朝鮮。
日米同盟に頼らざる得ない中、基地問題で正論ばかり振りかざしたため、今や米国との関係も危うい。

去年、東日本大震災では、日本の民度が世界中から賞讃された。
今年、言われなき暴挙で、日本いじめに攻勢をかけられている。
原因に日本の力が弱まっていることに加え、経済大国第三位の日本でありながら政治が大きく混乱し、時の首相がコロコロと入れ代わっていれば、外交で舐められるのは当たり前だろう。
本来は国の代表がしんがりを務めて、毅然とした態度をとらないと国が崩壊してしまうでしょ。

だから、外交は左手で握手をしながらも、右手は拳を握っておくぐらいの気持がないといけないと思う。
そうじゃないとこの先も、虎視眈々と暴挙暴論を仕掛けてくるだろう。

もう一度言うが、次は「日本無視」がはじまるぞ… だが、それだけ日本を意識していることでもある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック