2012年08月04日

夏女サトミ

第一印象、「こんなに笑顔が爽やなスイマーがいたんだ」。

ロンドン五輪、女子競泳平泳ぎ 鈴木聡美。
「女子100m 銅メダル」 「女子200m 銀メダル」は記憶に新しい。

僕を惹きつけたのは、あの喜びあふれる笑顔と、響きのある声のトーンだった。
まるで常夏の浜辺を背景にしたポスターから、抜け出してきたようなトースト娘。
デビュー当時の夏目雅子を思い出させるような、小麦色に日焼けしたクッキーフェイスが素敵である。
それに自然な笑顔に加えて、競泳水着がとても健康的に見える。
しかも日焼けした肌が水をはじいているし… 21歳、若いよね。

僕の年齢からすれば、娘のようになるけど、一緒に連れて歩きたくなるイメージがある。
海の家のベニヤ板に貼られていた、生ビールのグラビアモデルのような華やかさもある。
このところ、汗臭いことばかり書いていたので、たまにはいいでしょ。

あー、21歳にタイムスリップして、彼女をナンパしに行きたいなー。
ダメだったら、 オッホン!  おかあさんを紹介してもらおうかな…   俺、夏バテしてるようだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック