2012年07月27日

土用丑の日

土用丑の日、どこのスーパーでも「うなぎ」の価格が高く、国産であればなおさらだ。

毎年、景気づけで専門店へ食べに出かけるか、自宅でほどよく酒で蒸して食べるかしている。
大衆的なエネルギー源とはいかないが、夏の風習として味わっておきたい一品である。
でも、「今年は食べる時期を外してもいいかな」と思っているんだ。

うなぎ屋も価格が沸騰したなりにも、風習として根強い需要があるだろう。
それなら、本当に食べたいと思うまで腹を空かせて、今は背を向けておいて待ちわびながら食べる。
何でもかんでも、その日に食い漁るよりも、ちょっと時期を外して食べるほうが粋じゃないかな。

去年の今頃、「うなぎ」と題して、僕のうなぎ好きのエピソードを書いたと思う。
若い頃は、山椒を大量に振りかけて、平気でペロッと二枚は酒の肴にしていた。
同僚の女性からは、「この後、変なこと考えているでしょ…」なんて冷やかされていたほどだ。

うなぎは値段関係なく、当たりハズレがあるような気がする。
シズル感を再現するまでもないが、問題はハズレでゴムのように噛み切れないほど硬い。
素材をそのまま大事にする一品なだけに、価値を見出したいと思うのはうなずけるであろう。

うなぎを語れるほどグルメではないが、空腹こそが最高のグルメという感覚はわかっている。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠く幼い頃、「土曜の牛の日」と勘違いしておりました。鰻が苦手だった事が、せめてもの救いです。精力つけて頑張って下さい。仕事もあちらも!
By:青春真っ只中のMASARUです。同級会で羽目外すゼ!!!
Posted by ジョントラボルタ MASARU at 2012年07月28日 05:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック