2012年07月21日

秘密の暴露

「橋下徹」の魅力はズバリ、「ココ」だ!

今週発売の「週刊文春」の見出しに、橋下大阪市長の愛人スキャンダルがスクープされていた。
お金を払ってまで、下世話な記事を読む気にならないが、本人は大筋で記事を認めているという。
一過去、大阪市長選挙のときも、父親が暴力団関係者だったとしてスッパ抜かれていたが、寧ろ本人は「それがどうした」と記事を一蹴していた。

世の中、秘密のない人はいるのかな…
それが秘密でなくても、触れて欲しくない部分は、誰にでもあるだろう。
そこを触れないことが、大人のマナーだったりする訳であってさ。
しかし、人の秘密を暴いて、得意げにしているゲスもいる。
もしも、僕が秘密を暴かれた立場であったら、逆にやんわりとこう質問する。
「それを知って、どうしたいの?」… 相手は言葉に詰まること間違いないだろう。

男と女であれば、ベッドの上での情事は共犯関係である。
若い頃なら、性欲で女性と接していても不思議ではない。
だが、そこそこの年齢になれば、頭が体に追いついた状態なので、性欲だけで秘密を持つことはない。
二人にしかわからない、呼吸や間のようなものがあって、理屈では説明できないことの方が多くなる。
その女性、証言にいくら積まれたのかは知らないが、大人の関係としては感心できることではない。
何でもスチュワーデスのコスプレで楽しんだというが、最後の一枚は意地でも脱ぎ捨てないことが、  自分と相手に対するプライドじゃないのかな。
それを公開するようでは、おのれの感情むき出しで、自分の性器を人様に見せつけたようなものだ。
また、それをスクープする方も同じく、その先には「何か素敵な出来事でもあるのかな」と思ってしまう。

情報(噂)を隠せば秘密になるけど、こうして公開されれば、「どうってこともない」方が多いもの。
変に神経質になって隠そうとするから、妙な方向に曲がって行くんであってさ。
それならば、下手に隠し立てするよりも、「ああ、そうだ」と白状して、謝罪を交えて堂々としていた方が、世の中生きやすいんじゃないかな。
人それぞれ、倫理観や恋愛観などの様相はあるが、犯罪とは別次元の問題でしかない訳だし。
愛人スキャンダルって、一般的にはあまり意味がなく、過剰な反応としか思えない。
そういうことに、道徳的な説教をする輩というのは、うさん臭く感じる。

「橋下徹」の大きな魅力は、「リーダーたる者、堂々としている」 ズバリ、「ココ」である! 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック