2012年07月08日

休日ふらり(11)

梅雨入り宣言の後、連日新潟も雨模様である。

飲食店は雨足の影響を受けやすいが、週末は予想外に賑わったことが嬉しかった。
以前、雨をもじって「雨天の友」を書き綴ったのは、去年の4月頃だったと思う。
天気のいい日は、誰もが似たような思考や行動を描いてしまう。
雨天というのは、何にせよ断りの理由をつけやすい。

成績が優秀な営業マンほど、「雨の日 風の日 訪問日和」という、訓話を胸に忍ばせている。
出かけるのが億劫になる天気ほど、逆に相手の気分を明るくさせるという意味だ。
誰もが同じ個性を求める中で、デキる営業マンほど、人と同じ発想はしないよね。
考え方は、雨天の友と極めて似ていると思う。

僕は私生活の完全な休日は、月3日(実際は1〜2回)だけ。
「ここへ行く」と決めたら、雨が降ろうが槍が降ろうが、出かけて行くタイプ。
「どこで何をしてた」など、細部は書き込まないが、行きつけの隠れ家をもっているのは本当。
リラックスできる空間や時間を作るから、人と会話をして気力をチャージできるのであってさ。

日曜の夜に遊んでくれる友人は少ないが、まあ年齢的にそれなりのスタイルでは遊んでいるわけよ…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック