2012年05月27日

Endless Summer

80年代、ディスコクイーンと呼ばれた、ポップスシンガー「ドナ・サマー」って亡くなったんだね。

リアルタイムな世代じゃないが、ディスコに行けば高い確率でDJが皿を回していた。
今でいう「鉄板曲」なんだけど、彼女の歌声抜きではフロアーの盛り上がりは欠くことになる。

当時(1983)、新潟のディスコはどこも繁盛していた時代。
古町なら「ジジック」、西堀なら「ブラック・バード」と人気は二分していた。
週末のナンパスポットだったけど、女の子には目もくれず、複数の仲間と踊りに出かけていたものだ。
何が楽しいかといったら、酒に酔いながら、仲間の変な踊りを見ることがとても痛快だった。
デブっちょがインベーダーダンスをしていたり、犬の交尾みたいに腰を前後に揺すっていたり。
「その変な踊りは、なんじゃらほい」と聞くと、「俺のダンシングで、女を欲情させる」とか。
そんなヘンテコリンで、きもち悪い踊りを指差しては、客席で大笑いしていたものだ。

おまけに入口で服装チェックがあるので、そのファッションセンスも見ごたえのひとつだった。
ある者はディスコに雪駄を履いていき、その場で入店拒否されていた。
またある者はフロアーで踊りながらゲロを吐いたため、しばらく出入禁止にされた。

ここからは、スペシャルなキャラクターの登場となる。
ジョン・トラボルタばりに、全身白のスーツを身にまとっていたが、ズボンのすそ上げが短すぎたため、 紺色のヨレヨレな靴下が丸見えで不快だったり。
ロッド・スチュアートばりに、豹がらのパンツを履いてはいるもの、サイズが小さすぎて、尻の割れ目に ビッチリと食い込んでいるヒップが不潔だったり。
フレディ・マーキュリーばりに、シャツのボタンを外して胸毛を出しているが、プンプンと体臭兵器を放ち、異臭の脅威で周囲を恐怖のどん底に叩き落としていたり。

閉店間際、チークタイムともなると、無理矢理に女の子をフロアーへ引っ張って行き、強引に腰に手を 回して耳元で何かをささやいていたり。
後で、その子にこっそり聞くと、「ベッドインしよう」とか言われたとか…  おまえの部屋は布団だろ。
仲間の俺たちを差し置いて、ホテルに抜け駆けしようとしていたんだから、とんでもない野郎である。
そいつの職業は「魚屋さん」なのに、「サーファー」なんてウソこいている訳よ、まったくこの野郎は!
まあ、時のディスコで、ドナ・サマーの「ホット・スタッフ」をバックに、こんなアホな調子で青春を疾走しており、違う意味で名曲、「情熱物語」(She Works Hard For The Money)だったような気がしたね。

あれから、28年経過した今でも、僕の「エンドレス・サマー」である。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ZIZIQUE懐かしいですね。私のすべてがスタートした、思い出深い店です。マスターもそれなりに、フィーバーしてましたよね!おやじくさいファッションで!それにしても、ハッスルM(魔猿)には皆ドン引きしたことを、懐かしく思います。By:悦子
Posted by 黒帯かずまさ、しかし、あっちは、白帯です。 at 2012年05月27日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック