2012年03月06日

食卓効率

今日の食卓は、「カツ丼」だった。

ビールを飲みながら、鶏のピリ辛揚げをつまみに、少量のカツ丼も食べる。
米粒に汁が吸収されると食べ難くなるので、冷蔵庫から生卵を二個持ってきて、どんぶりの上で割り、 殻をランチョンマットの上にいったん置いた。
相方いわく、どんぶりを台所に持っていき、そこで生卵をかけて、殻はゴミ箱に捨てよとアピール。
僕は、それは違うと反論した。

どんぶりを台所に持っていく間、もしもひっくり返してしまったら、かつ丼が元も子もないと主張。
床に落としたときの後片付けと、カツ丼の原価を考えれば、生卵の方がリスクも原価も低いと説明。
だが相方は、ひっくり返すのは注意が足らないだけで、食卓の後片付けをする方が大変だと再反論。
確かに僕は、いつも調味料を冷蔵庫から持ってきては、狭いテーブルの上をさらに狭くしている。
食卓はすっきりさせるのが理想だが、満腹中枢が刺激されているので、どうにもとまらないのだ。

皆さん、どっちの主張が正しいか、ジャッジをお願いしたい。
こんなことで、ディベートしてるんだから、我が家は暇なのか、平和なのかわからない…
まあ、会話がないより、マシであろうか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック