2012年02月29日

2012 March

【3月定休日】 
    4日(日)・11日(日)・20日(火)

   18日(日) 通常営業致します
   25日(日) 日曜営業致します (深夜1:00まで)

 住所   新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話   025−247−1644
 営業時間 19:00→深夜3:00
 定休日  日曜日 
 客席数  カウンター10席  ボックス席(5~7名)

【徒然なるまま…】

今日29日、4年に一度のうるう年のため、1日得した気分となる。
日中天気がよければ、気分転換にでも出かけようかな。
何かを期待して外出するよりも、季節を肌で感じたいんだと思う。
それに人間観察も楽しいものだ。
今日は何を書こうかな…

連日、テレビのワイドショーなんかで、オセロ中島の洗脳疑惑なんちゃらとか、相変わらず優先順位の低いことに大騒ぎしている。
全く興味がないけど、彼女の気持ちは何となくわかるんだ。
大まかな顛末では、結婚も考えたと思われる彼氏との失恋、長年コンビを組んでいた相方との不仲など親密度の高い関係を失っている。

ここからは、僕の勝手気ままな推測でしかないが、彼女は幸せになりたかったんだと思う。
そう願っていたとき、たまたま、女祈祷師と出会ってしまった。
家賃の滞納は別に、動機は純粋で、彼女からしてみれば、幸せにすがりつきたかったんじゃないかな。
「幸せになれる」と信じ切って、世間体を敵にしようとも、幸せの態度を決め込んでいるように思える。
それに現在、親密度が最も高い女祈祷師までも、自分から離れていくようなことがあったら、苛まれると思っているのかもね。
女性は精神状態が不安定なとき、寂しさが募ったとき、普段とは違った自分が出てしまうことがある。
それがきっかけとなり、ここまで発展したような気もする。
幸せを求めて、受け入れた結果、このような事態になったとしたなら、許してあげるべきだ。
男に幸せって、どこかくすぐったいけど、女は素直に幸せを求める生き物なんじゃないかな。

僕の推測による、勝手な意見なんだけど、彼女の始まりは、すべて純粋な動機から生じたことだと思う。
こういう女性は、きっと献身的に男に尽くすタイプだと思うけど、バランスを欠いちゃいけない気がする。
今日も僕は、何を書いているんだろうか…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック