2012年02月06日

雪道の銭湯

5日、昼過ぎから、二週間ぶりの銭湯へ。

天候は穏やかだが、前日まで降り積もった雪の量が気になる。
「こんな日に行かなくても」とは言われるが、こういう日だから行くのである。
寧ろ、出掛けの玄関先で、拍子木を打ち鳴らしてもらいたいぐらいだ。

早くお湯に浸かりたいので、自転車を動かしたが、思いの外に除雪が進んでいなかった。
それでも、行きは銭湯という目的があるので、雪道の悪さはそれほど苦にならないが、問題は帰り道だ。
湯上りは、マッタリした気持ちの上、心地よい湯疲れも感じている。
そのまま、普通に自転車に乗って帰りたいのだが、雪道にその走行を阻まれてしまう。
銭湯は沼垂の住宅街にあり、地域住民はご年配の方も多く、雪かきもままならない状態である。
そんな雪道の状態を、自転車を押して往復したので、汗だくにはなるわ、両腕と肩腰が軽い筋肉痛となるわで、何のために自転車を出したのか、全く用途をなさなかった。
片道徒歩15分ほどの距離ながら、逆に疲れを抱えて帰宅。

いつものサッパリとした表情ではなかったらしく、相方から、「どうしたの」と聞かれたが、「いや、別に」と 軽く答え、そのまま浴室に洗面道具を置きに行った。
こんな雪道に自転車を出すどころか、乗らずにただ自転車を押して往復してきたことを知った日には、「あんた、何考えているの」と言われるだけだからね… 沈黙、沈黙。
僕にとって自転車は、可愛いペットみたいなもんだから、一緒に行かないと寂しがるんだ…なんてね。

次回の雪道は、洗面道具を背中におぶって、竹馬で銭湯へ行くぞ、 おー!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Shower Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック