2012年01月10日

静かな場所

静かに過ごせる場所は、意外と少ないものである。

南万代へ、古本を眺めに出かけた。
キャンペーン期間らしく、普段よりスタッフの声が店内に大きく響いて、やたらに元気がいい。
リーダーの接客用語に合わせて、全員が一斉に連呼する間は、アミューズメントパークのようだ。
活気ある連帯感は認めるけど、書店なんだから、少し声のトーンを抑え目にしてもらえるとありがたい。
それとも、僕が時代の接客ルールになじむべきであろうか…

静かに過ごせる代名詞に、喫茶店や図書館などがある。
日中は、おばちゃんたちの井戸端会議が多いし、夕方になると、学生たちに占拠されてしまう。
気分転換も兼ねて、静かに読書をしたいと思って外出したのに、気分を損ねたこともある。
最近では、甘党の男が菓子パンを食べながら、声高らかに話し込んでいる姿が多くなった。

そうなると、ホテルのラウンジなんて天井が高くて、調度品も落ち着きがあるのでいい。
だが、場所が変われば客層も変わり、駆け引きめいた社用談議なども多くなる。
また、男女の密会なのか、煮え切らない会話に間が悪くなり、席を立ちたくなるときもある。
いづれにせよ、周りを気にせず、人が少なくて静かな場所は、思いの外ないことがわかる。

世間の昼過ぎは、僕にとっては朝であるので、少しスローでいたかったりする…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック