2011年12月26日

旅は道連れ

年賀状を投函した。

今までは、外注の年賀ハガキに宛先を印刷して済ましてたが、それでは受け取り側も味気がなかろうと昨年から、何か一筆入れるようにしている。
毎年届く、年賀状語録を読み返すと…
「独身のわたくしに、バックアップヨロシク」
「人生の格闘終わらず、闘魂あるのみ」
「リストラ予備軍、バンザイ、さあ来い」
「なんとか、生きてます… ト・ホ・ホ」
そんな一筆に、初笑いを誘われてしまう。
それに酔っ払って書いているようにも思える。(笑)
いつも連絡を取り合うほどの関係ではないが、過去に敬意を示し、長く気にかけあうことが、年賀状の 軌跡なんだろうね。

振り返って見ると、素顔を見せ合った友人や、時の戦友が多いことに気がつく。
若い頃、むき出しになってやりあった人間なら、そのときは、「この野郎」と思っていても、時間が経てば仲間になれるもんだ。
きっと、前提はすべてが真剣だったから、今のつきあいがあるんだろうね。
だから、自虐的な冗談を交わせることは、もう気持ちは通じているもんなんだ。
世話になった目上の方への挨拶は仁義として、同世代とは「旅は道連れ」感覚でつきあうこと数十年。
この先、遠方者とは会えないかも知れないが、道は違えど年一度、所在を確認しあってる感じである。

一足お先に、 How's Everything ?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック