2011年12月07日

喧嘩柔道

来春から、全国の中学校の体育授業に、武道が必修科目になるという。
何でも、柔道・剣道・相撲のいづれかを学校側が選択するようだが、段取り面を考えれば、大半は柔道を導入するであろう。
柔道の導入は賛成ではあるが、取組み方には慎重を期するべきだ。

種目別の体育事故によるリスクは、柔道が群を抜いて高い。
それもそのはずで、柔道ほど実戦が楽しいものはない。
若いから、強さに対する本能を併せ持っているため、未熟であっても早く実戦を求めてしまうからだ。
加えて、その有り余った若い本能を統制できない、にわか指導者にも問題はある。
技の危険度を知らぬまま、力任せに技をかけたり、受身の仕方が不十分であったりすると、取り返しがつかないことも考えられる。

僕が現役の頃、鎖骨の骨折や腰の打撲、頚椎の捻挫など、数多くの現場を目撃したが、試合で右半身不随になった選手もいた。
それら経験あっての事故であり、初心者レベルならば、その危険度はわからぬまでもないだろう。
投げ技でもリスクを負う上、寝技はともかく、先々の絞め技や関節技を覚えれば、瞬間の凶器と化す。

テレビで観る柔道レベルは、高いスキルによる攻守の信頼関係で、真剣勝負が成立している。
相手に怪我を負わせる、無茶な荒技を仕掛けないことは、お互いのプライドの高さである。
それが、ガキレベルになると、そんなことはお構いなしだから、実戦そのものは危なっかしい。
まずは、前方受身、後方受身、手のつき方、倒れるときには絶対にアゴを引くとか、瞬間防御が万全でないと、体にかかる衝撃度は大きい。
特に、首を鍛えておかないと、体重差で体を壊されてしまう。
危険度はこの限りではないが、受身の稽古が如何に重要かわかるであろう。

血気盛んな頃であれば、ちょっとした弾みで、「ケンカ柔道」になりがちとなる。
そうさせないためにも、ガッチリと睨みが利く顧問であり、メディカルチェックができるぐらいじゃないと、 安全体制は整わないと考える。
まずはもう、「根性だ」 「気合だ」 なんて、言っている時代じゃないんだからね。
何をどう教えていいか、わからないことには、必修科目として柔道は成立しないと思う。
僕が言うのはおこがましいが、柔道を通して、若い心に芽生えるものがあったらいいなとも思う。

それこそ、「文武両道」であれ…  10代の自分自身に向けて、放っている言葉でもある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック