2011年11月12日

Black Box

11日、読売巨人の清武球団代表が、読売グループ総裁である、渡辺会長の人権無視とも思える私物化ぶりを記者会見で告発した。

「天の声として、黙って従っていればいい」とする声もあれば、「自分のプライドに腹を括ったな」とする、僕個人の意見もある。
内容は省くが、職務上の地位を利用して、人を人と思わぬ傍若無人ぶりに、右顧左眄するよりかはいいと思うし、それもよくよく考えて、背に腹は変えられない告発だったのであろう。

このところ、オリンパスの問題も含めて、大企業で起きている経営陣の不祥事や権力争いなど、何も大企業だけではなく、身近な中小企業や人が集まる所であっても、小さな不満があちこちで溜まっては、何かの拍子で爆発してしまうことがあるだろう。
それは会社勤めをしていれば、誰もが思っていることであり、今回の件は理不尽な強制指示でもあれ、上司に従わざる得ない男たちの気持ちを、ある程度は代弁しているような気がしてならない。
つまり、人は上に行けば行くほど、上ばかり見がちとなるが、下から見られていることには鈍感となる。

会社は平気で社員を犠牲にするものだ。
会社の指示でやったことなのに、形勢が変わったりすると、それまでの経緯や説明も一切なく、知らぬ存ぜぬにされてしまうこともある。
反社会的な団体と比べてはいけないが、やくざの世界の方がまだ面倒見がいいかも知れない。
親分のために懲役を食らい、刑期を終えて帰ってきても、ちゃんと面倒を見てくれる組織の男気がある。
それが会社であれば、方便を立てにされて、扉を閉められてしまう冷たい世界がある。
それこそ、正義はあっても、理屈が立たない気がしてならない。

これから先、考えあぐねるよりも、「ブラックボックス」を公けにされることが、きっと多くなるだろうね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック