2011年11月05日

大阪市長選挙

11.27 大阪市長選挙の行方に注目している。

両雄の主張は、「大阪都構想を掲げる」橋下前大阪府知事に対し、「大阪市の独立を提唱する」平松現大阪市長。
争点の善し悪しは別にして、「古い体質を壊そう」とする、橋下氏の威勢は感じるが、強硬的な手法には批判も集中している。
方や、「大阪市をなくさない」とする、平松氏の市民対話を重視する協調姿勢は感じるが、「市であり続けなきゃならない」理由が、有権者に伝わっていないようだ。

新旧対決になると、新に対して、何かが生まれて活気づき、劇的な期待感を描くものだ。
数年前の総選挙で、民主党が政権を奪取したとき、国民の多くはこういう気持になっていたと思う。
だが、「何かが、変わった」という、実感が湧いてこないのは、どうしてなんだろうね。
流れから言えば、そういうことであろう。

習慣に留まらず、変化で進歩させようとしても、過去の結果論理から言えば、変化の行方に疲れきってしまったことが、正直な気持ではないだろうか。
僕が思うには、「何かが、変わってほしい」という声なき要請も含めて、存在しない場所に向け、ただ歩を進めているだけなのかも知れない…
歩みに実感を持てるのならまだいいが、だんだん遠ざかっているようにも思えてならない。
それでも、「変わってくれる」ことを期待して、歩まざる得ないことが、国民の使命なのであろう。
結果どうであれ、意志を明確にするのが義務だと思うので、個人的に選挙は棄権しないようにしている。

圏外意見だが、大阪市長選挙の行方は、キチンと考えられた結果が出るような気がするんだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック