2011年10月16日

休日ふらり(8)

天気のいい休日、散歩がてら自転車に乗り、街の書店や古本屋巡りをするのが好きだ。

大した本は読まないが、昔読んだことのある背表紙を見かけると、おもむろに手を延ばしたくなる。
「この本は移動時間で読んだな」、「待ち合せで読んでいたな」とか、自然と場面が浮かんでくる。
その時の懐かしい本を見つけては、静かな喫茶店の席を探し、もう一度頁をめくりだすこともある。
本の展開にはまれば、 「コーヒー、もう一杯ください」

人がまばらになってきた、夕方の店内… 
BGMに、アン・バートンの「グッドライフ」が、静かに流れてきたら、きっと心地いいだろうな。
こうして、予定がない休日の午後は、シンプルなんだけど、僕にとっては貴重な時間となる。
休日が少ないからこそ、健全に極めて地味であったりするものだ。

これが本当に、好きなことなのかも知れないね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック