2011年07月25日

休日ふらり(6)

24日、知人が上古町で、手作りのハンバーガーショップを開店した。
店名は 「ふるまち謙sバーガー」

オーナーは元相撲部屋出身で、穏やかな言葉遣いと礼儀正しさに、ひたむきな人柄を感じさせる。
個人的に、料理人の性格が、「調理レシピー」だと思っているので、開店への期待度は高かった。
案内状は頂いていたので、開店の祝い花を持参して、相方と伺わせてもらった。

フードライター気取りなことは書かないが、グリドルで焼くビーフのシズル感に食指を誘われた。
相方も、「ジューシーで美味しかった」と言っており、女の味覚は具体的で素直だと思う。
そんな、門出の初日に立ち会えて、気分良く店を後にしてきた。

時は進み、深夜24時から地デジ化に完全移行と思いきや、自宅の旧型テレビが映るではないか?
なんでも、マンションに有線放送のアンテナが設置されており、デジタル放送をアナログ放送に変換して、映像を見せるサービスを引き続き「2015年」まで、継続するのをただ知らなかっただけ。
この先、寝室と和室のテレビは観る気が失せており、買い替えやアダプターの設置も考えてなかっただけに、なんだか得した気分である。

僕のアナログな鈍感力が、思いも寄らない結果を招いてよかったようだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック