2011年07月07日

不在訪問

6日、16時に予約していた、歯科医院の定期検診が早く終わったので、後の時間を少し持て余した。

夕方はそんなに暑くないので、気分転換に自転車で八千代橋を渡り、古町方面に出た。
最初に向かった先は、現在内装工事中で、近々に古町で個性的な飲食店を開店する、若きオーナーの陣中見舞いへ伺ったが、シャッターが閉まっており不在。
続いて、古町通りを下り、本町で会社を経営している、友人のオフィスビル9階の一室を訪ねるが、これまた施錠がされており不在。

今日は「人と縁がないなぁ…」と思ったが、夕方の忙しい時間帯にアポイントもせず、気まぐれでフラフラと訪ねているんだから、そりゃ仕事中の相手も迷惑だわな。
何か少年時代の夏休み、遊びに連れて行ってくれる人が誰もいなくて、野球道具を持って友人の家に遊びに行ったものの、家族旅行に出かけていて、余計に寂しさを感じてしまった心境である。

そのまま、しょぼくれて、万代橋を錆びた自転車で、“キコキコキコキコ…”と漕ぎながら一時帰宅。
少し見方を変えれば、会いに行って不在であっても、開店19時以降になれば、今度は会いに来てくれるお客さん方もいる訳である。
そう思えば、寂しいなんて気持ちにはならないね。
私ら夜型人間は、夕方17時を回る頃になると、時間を気にするようになり、必然的にローギアが入る。

そんな店の仕込み準備が済んでいる日だけの午後限定… 暇なんで、誰か遊んでくれないかなぁ〜。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック