2011年03月24日

自粛ムード

日本人は和の精神を重んじる、一丸主義が外国から高く評価されている。
だが、個人レベルになると、何一つ楽しみを見つけられないような気がする。
そう思ってしまうのは、近年の自殺問題しかり、大地震以降の過剰な自粛ムードにある。

国民として節電するなど、協力すべきは協力するが、周囲の感傷的な空気だけを読んで、歩調を合わせようとすることは問題だと思う。
それは地元の経済や企業に活力がなくなり、ひいては日本全体の衰退につながってしまうからだ。

以前も書いたが、支援をしたくても、支援して行こうという気力が萎えてしまっては意味がない。
それこそ「人に元気を与えたい」と願うのであれば、まずは自分自身が元気でなければいけないだろうし、それを感傷まみれの「負の元気(ネガティブ)」を与えてどうするのと、現在を問いたい。
感傷に染まっていれば、自分の居心地がいいとでも思っているのだろうか。
その感傷から、いつまでも抜け出せずにいたら、防衛手段を放棄した傍観者でもあるのだ。

非常口は一つと言う思い込みは、この期に及んで切り替えていくべきだと思うけどね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック