2011年03月13日

大地震発生…3日目

東北太平洋沖地震(仮称)発生から3日目…

当店、テレビをフル稼働で地震の情報を流しながら、週末の営業を行なった。
想像を絶する被害状況をお客さんと観ながら、被災地の苦労を思いやることしかできない。
そんな店内、一時はプレスルームさながらの雰囲気に包まれていた。
私も生活が許せば、ボランティアとして現地に飛んで人の役に立ちたいし、それは誰もが思うこと。
それができないから、しっかりと報道を見て、予備知識をつけておくことが、今後に役立つことだろう。

特に家庭では、子どもに現実を見せることで、命の大切さを学ばせることができる。
その経験をさせることで、少しは他人を理解できるようになるだろうし、これが情操教育だと思う。
もし「可哀想だから見せたくない」という親がいたら、どうしょうもなくいい気なものである。
それができるかできないかが、「親」なのか、「バカ親」なのかの分かれ目だと思っている。

被災された地域の方々には、心よりお見舞い申し上げます。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック