2011年02月22日

不機嫌な顔

家族の定期的な使いで某医院へ行くのだが、若い受付嬢らは不機嫌な顔をウリにしているようだ。

誰に対しても、不機嫌を顔に出しているのを見ると、子供の頃からチヤホヤされて来たと思える。
不機嫌な顔をしていれば、周りが気を遣ってくれるとでも思っているのだろうか。
それが許されるのは、赤ん坊と介護を必要とするご老人だけである。

周りの患者も「ここしかないから」の理由で、しぶしぶ感がありありの様子が見てとれる。
患者が会計を済ませた後、受付嬢同士が「あのおばさん愛想がないよね」と言っている姿を目にした。
患者であるおばさんの愛想がどうあれ、患者が来なければ干上がるのは本人達である。
あなた方に評価されていた、おばさんこそが気の毒に思えた。
かくにも、あなた方の笑顔を見たこともなければ、愛嬌のあの字も感じたことはない。
若くて外見は美形でも、容姿は目減りしていくのを考えれば、自然と磨かなきゃいけないことって判らないのかな。

男女平等とは言え、女性には女性らしく振舞って欲しい願望が男にはある。
その意味で客観的に見てくれる、上機嫌の男(彼氏)を早く作るべきだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック