2011年01月23日

KAGEROU

書店の新刊コ−ナ−を眺めていたら、カップルが話題の【KAGEROU】(斎藤智裕)を酷評していた。

「作家としてレベルが低いらしいよ…」
「話題性だけでおもしろくないんだって…」
それは読後の感想ではなく、他人による受け売りレベルの酷評だった。

批判はあってしかるべきだが、他人の意見で評価するのは、自分の感性を放棄しているようなものだ。
まぐれ当たりで大賞を獲れるとは思えないし、どこかに光る才能があったからであろう。
その才能に気づいて、反応することが、人やモノを見る目を養うことではないのか。
それが、借り物の言葉であれば、こんなにつまらないことはないと思う。

本当のところ、その秀でた才能に妬いているだけなのかも知れないね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック