2010年12月30日

大晦日の夜

過去2年連続で大晦日の夜はトラブル続きだった。

まず、2008年(件名)「お寿司事件」
夕方5時に某海鮮居酒屋より、予約配達されてくるはずの寿司桶が6時を過ぎても来ない。
確認の電話を入れると、慌てた様子がありありで、どうやら作り忘れていたと思われる。
それから、気長に待つことさらに1時間ほど。
不手際を詫びられ、先方から「お代は結構です」とのことで収まったが、形はエチケットでもある。
その対応が良かったので、翌年も電話予約をかけたところ、「今年からはやめました」と返ってきた…

続く、2009年(件名)「給湯器事件」
これにはまいった、いゃ本当、冗談抜きでまいってしまった…
夜8時、それまで正常だった給湯器が、風呂のお湯をためようとした時に故障した。
業者は正月休み、銭湯は早じまい、結局元日までガスコンロで沸かしたお湯で全てをまかなった。
それからしばらくは銭湯通いとなり、初めて銭湯に行く相方とは、「現代版・神田川の世界」となった。
そんな忙しない日々が一週間近く続き、後日しぶしぶ新品を購入せざる得なかった。
それはもう新年早々、予期せぬ出費が家計を直撃した。

そして明日、2010年大晦日。
願いは1つ…、静かに穏やかな気持で大晦日を過ごしたい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック