2010年09月07日

復活よりも神話であってほしい

40歳以上を主なタ−ゲットに、復活(再結成)ブ−ムが仕掛けられているらしい。
何でも、ピンクレディやビジュアル系バンドやら、再結成が目まぐるしい限りだ。
私は懐古趣味はないので、ブ−ムに乗せられることはないが、どこか空々しく感じてしまう。

そもそも解散は解散、引退は引退であり、お約束なんて二言はないと思っている。
それはもう、多くの感動を残して燃え尽きたのだから、いささかの傷もついてはいない。
その意味でやすやすと復活してほしくないし、もう映像でしか会うことができない存在こそ素敵なんだ。

だから、山口百恵は神話として、語り継がれているのである。

今となって、ピンクレディのミ−ちゃんの“腰フリフリUFOダンス”なんて見たくもない。
見るのであれば、年相応な悩ましい妖艶さの方に惹かれるけどね。

それを間違えると「白雪姫」こと、天地真理のような“パニック復活劇”になっちゃう訳よ。
あの夜、私は夢の中でうなされ続けた う〜…あれは確かに、ド・レ・ミ・真理ちゃんだった! (T_T)/~
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック