2010年08月25日

ザ・プロレスト−ク VOL.5

今朝、変な夢を見たので、活字に記しておくことにした。

私はなぜか、黒のロングタイツ姿で、リングのコ−ナ−ポストの上に立っていた。
リング上では、ドラゴン藤波がジャイアント馬場に、サソリ固めをかけていた。
すると突然、木村健吾が稲妻レッグラリア−トを藤波に浴びせて、場外に吹っ飛ばした。
リング下で待ち構えていた、維新軍の長州力や寺西勇らが、怒涛のストンピングの嵐を叩き込む。
放送席では山本小鉄が意味不明な解説をしていると、入場通路から元日本相撲協会の外部理事だった内舘牧子が走ってきて、いきなり口から大蛇を吐いた。
その大蛇が藤波の首に巻きついて苦しがる後ろから、半ケツ姿のディック・マ−ドックが羽交い絞めにして、星野勘太郎が私に「飛べ〜」と叫ぶ。
何が起こっているのかわからないまま、私は指示通り藤波めがけて、フライングボディアタックを「スカイ・ハイ」と叫んで飛んだものの、二人に避けられて顔面をマットに打ち付けて失神。
なのに、ミスタ−高橋がしゃしゃり出てきて、カウント2.99で止める。
その判定をめぐり、デビル雅美とバイソン木村が取っ組み合っていた…(で、わしゃどうなったんだ)。

なんじゃこりゃ〜、夢の登場人物が多すぎ濃すぎ。
それは新潟のオヤジレスラ−を集めて、“万代プロレス”を旗揚げせいと、何かのお告げなんじゃろか?
それとも、プロレスト−クに飢えているのじゃろか?

誰か、夢占いできる人はいないじゃろか? 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック