2010年07月17日

ひと夏の恋人 小野リサ

近年、夏になると小野リサ (ボサノバ歌手) を聴きたくなる。

彼女の透明感ある歌声を聴いていると、まるで 「ひと夏の恋人」 に癒されている気分になる。

90年、新宿で初めて彼女のライブを聴いた時、軽やかで澄んだ印象を持った。
正直なところ、声量のなさとブ−ムに後押しされたシンガ−に思え、以後は気に留めなかった。
背景には、「セルジオ・メンデス」 のスタイルが色濃く、彼女の静かな魅力に気づかなかった。

ボサノバは、そよ風に乗った囁きの音楽なので、構えて聴くものではない。
澄んだ歌声と優しい演奏に心を任せ、パステルカラ−の風景を思い浮かべながら、清涼感に浸れるのが一番の魅力であろう。

うだる暑さと仕事から解放された後、さりげなく耳にしたくなるのが彼女の歌声。
サマ−ジャズもいいが、ボサノバを流している、今日この頃。
たまには、やすらぎ提で一人寝転んで、小野リサを聴きながら、風に吹かれてみたいなあ。

推薦盤 2007年 「イパネマ」  (アントニオ・カルロス・ジョビン トリビュ−トライブ盤) 
名曲 「おいしい水」 を軽快に歌い上げた彼女は、心からジョビンのことを愛していたんだね。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リサ・LOVE
Posted by おの at 2010年07月19日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック