2010年05月23日

ドラマ−はつらいよ

ジャズの見識者は、“グル−プの良し悪しはドラマ−が左右する”と語るが、その意見には同感だ。

「ジャズの魅力はドラム」と言われるほど、最初にジャズの衝撃を受けるのはドラムが多く、曲の展開で見せ場を作り上げるダイナミックなポジションである。
その意味で、ドラムが入らないユニットは興味なく、ドラムが弱いステ−ジは少し消化不良となる。

総じてジャズドラマ−は、スティックコントロ−ルが速く、バネのようなしなやかさとパンチの効いたリズムが、全体のグル−ヴ感を底上げする。
それが認められる存在になれば、たちまち噂が噂を呼び、オファ−が来ることは間違いない。
“プロ” として、誕生した瞬間である。

しかし、音階を持たないドラムという楽器ほど、非常に辛口評価されやすいことも事実である。
「出遅れる」 「(リズム)走る・もたる」 「(音数)手数が多すぎる」 「(刻み)うるさい」 「でしゃばる」  「ソロを邪魔する」 …そんな言われ方をされることが多いかもしれない。 
特に、クラシック調を好む、繊細な人の神経には触れやすいようだ。
だからと言って、リズムキ−パ−に徹されたら、それはもうジャズとは呼びたくない。

このようにジャズドラマ−は、繊細な要求をされる反面、ヒ−トアップしたら、ロックドラマ−も顔負けするぐらい、エキサイティングな一面を持っている。

あなたが選ぶ “ファ−スト・コ−ル・ドラマ−” は誰?
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スティ−ブ ガッド
デイヴ ウェックル
Posted by MR.BASS MAN at 2010年05月24日 18:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック