2010年03月03日

冬季五輪閉幕…but

2010 バンク−バ−オリンピックが閉幕し、今朝の新聞紙面の彩りも落ち着いてきた様子である。

日本のメダル獲得総数5個に対して、同じアジア勢の韓国・中国に大きく水をあけられたのは悔しい。
その努力には敬意を称するが、極めて甘い論調にくみするつもりはない。
なぜなら物事には“BUT”があるからだ。

特に注目されたカ−リング女子日本代表は、4大会連続で準決勝進出を逃した。
開催国以外の国は全てアウェ−ながら、日本の応援団規模は地元カナダに次いで恵まれてはいたが、失速著しく結果8位に終わった。
技術面に加えて、日本の精神面の弱さも露呈したようだ。
それはなぜなのだろうか?

最近の風潮は、少し可愛いとすぐに写真集を出したり、バラエティ−番組に出演したりと、関心を惹かせる効果は解るが、何か勘違いも多い気がする。
それは器量と技術の確かさがあれば何も言わない。
しかし現役でありながら、「引退後はタレント業に興味あり」などと、公然と伏線を張る選手もいる。

誤解を怖れずに言えば、スポ−ツアスリ−トとして結果を出したいのか、B級タレントでチヤホヤされたいのか、ハッキリしろ  …いや、まずは集中しろと!
言い訳に似たコメントよりも、もう少しアスリ−トとして、ストイックさを感じさせてほしいからだ。
だからと言って、言いっ放しにはしないし、その後も見守っていくのが人の情であろうか。

それは、彼女たちに“メロメロ”にされた、哀しくも愛しい中年オヤジの性なのである…ToT
posted by GIG at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック