2009年11月30日

内藤大助vs亀田興毅の感想

29日、亀田興毅が内藤大助を3−0の判定で下し世界王座を奪取した。
個人的な気持は内藤陣営にありながら、今回の結果は亀田であることは終始変わらなかった。
解説は有識者に任せるが、内藤は負けない為のボクシングをすることなく、亀田も挑戦者としての使命を全うした。
試合が終わってしまえば、ヒ−ロ−やヒ−ルもなく、あるのは勝者か敗者の称号だけだ。

マスコミは有能なスタ−を仕立て上げるのは上手いが、いざ敗者ともなれば、そこまでのお茶をにごして去っていく。
ファンも熱狂した後は、次のスタ−選手に乗り換える程度かもしれない。
特に若い選手であれば、チヤホヤされて慢心となり、気がついたら試合に負けていたなんてこともあるだろう。
勝者には人は巧みに群がってくるが、敗者へのレベルなどは、そんな程度なのかもしれない。
そうなると、かわいそうとしか言いようがない。

その後の興毅は更に強くなるだろうし、内藤の身の振り方はわからない。
内藤の歩んできた過酷な人生はボクシングによって報われ、私が少し苦々しくさえ感じていたテレビ出演などによって、人脈が広がったかも知れない。
現役を続行否か、その経験も踏まえ、今後は意義のある講演会などの社会貢献も視野にしてたら、その考え方に敬意を表したいね。

内藤大助、敗者であり、敗者ではあらず。
posted by GIG at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック