2009年10月25日

野球の醍醐味は監督にある

プロ野球日本シリ−ズは、巨人−日本ハム戦に決まった。
下馬評では、楽天と中日が侮れなかったが、実際はペナントレ−スを征した二球団の実力の方が上回っていた。

個人的に現役時代から、楽天・野村監督と中日・落合監督には一目置いていた。
理由は善し悪し抜きに、どこか不器用で“自分流儀”でしか生きられないタイプだからである。
こういうタイプは組織の上層部から苦々しく思われがちで、結果を出せなければ、自分の代わりは早めに用意されてしまう。
だが誰よりも野球を知る両者は、組織のお膳立てがしっかりしていれば、他の監督には真似できないアカデミックな理論で、チ−ムを変えるだけの底力は過去から実証してきたと思う。
つまり、敬して遠ざけられる存在なのかも知れないね。

身近に会社のグチを所嫌わず言う男ほど、実は会社に依存しているものである。
グチを言っているうちは今の会社が好きなんだと思うが、「辞めてやる」なんて言っている男に限って辞めたためしはなく、「クビにする」と言われたとたん、怖気ずく男の方が多いであろう。
本当に実力がある男は何を言われても動じないし、自分の引き際を自分で決められるだけの独立心はあるはずだ。

二人の共通点は独断型で妙にものわかりのいい人ではないことだ。
落合監督は物事に動じない風格が漂っているし、野村監督はぼやきながら、いつでも腹を括っているように思える。
監督が辞めても、次の監督で球団は続いていくことを考えれば、ポストにしがみつかない生き方のようでカッコいいよなぁ〜。

だが、個人的に仕事をするのであれば、原監督や梨田監督の方が馬が合いそうな気がするけどね。
posted by GIG at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック