2009年08月25日

あっぱれ!日本文理準優勝

清々しい気分にさせてくれた、全国高校野球選手権大会決勝戦。
長きに亘り、新潟県は結果を残せず、常に弱小のレッテルを貼り続けられてきた。
いや、レッテル以前に、本当に弱かったと思っていた。
準々決勝まではね…。

常連校と呼ばれる強豪は、優勝を目標に甲子園に乗り込んでくる分、戦略的な概念も強い。
だが、弱小な地方高校は甲子園出場に甘んじているかのように、せいぜい初戦突破が目標で、優勝するための視点がどこか欠落していると感じていた。
では、日本文理高校の躍進の原動力は何だったのか?

野球理論以外の視点だが、「選手をその気にさせた」監督の器がある。
監督とは立場や命令だけでは、けして選手から共感は得られない。
どうすれば気持ちよく野球ができるか、褒めることと叱ることを巧みに凝らした上、「負けたら私の責任だから、思い切って野球をやりなさい」位の器量も必要である。
それを感じさせた場面が、負けても誰1人として泣き崩れることなく、選手全員が屈託のない笑顔で甲子園を後にしたことだ。
彼らを子供というには少し抵抗はあるが、童心に返った笑顔は本当に子供らしかった。
おめでとう、日本文理高校球児達!

余談だが、私は高校時代マイナ−スポ−ツの全国高校総体の新潟代表選手だった。
出発当日、新潟駅のホ−ムに見送りに来たのは、校長と教頭のたった2人だけで、周囲の人達は何の代表選手なのか分からなかったと思う。
そして大会では早々と敗退して暇を持て余したので、真昼間から大阪の繁華街で、インタ−ハイのユニフォ−ムを着たまま、ポ○○映画を観て過ごしていた…なんという高校生だ。 喝!

こんな高校生だった頃と比べたら、彼ら球児達はスポ−ツマンの鏡だ。
posted by GIG at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック