2009年07月21日

がむしゃらに!

70年代、子供社会のル−ルには、野球の上手下手で仲間に格付されてしまう空気があった。
それ位、野球は身近にあり、グロ−ブ・バット・ボ−ルは子供達にとって三種の神具でだった。

先日総勢10名で、新潟県立野球場(総称)へ、アルビレックスBCのディゲ−ムを初観戦してきました。
チ−ムスロ−ガンは、「がむしゃらに!」
野球は子供に与える影響が大きいだけに、シンプルで分かりやすいスロ−ガンは好印象である。

最近は子供が素直に、「頑張ります」と言っても、「何をどうやって、いつまで頑張って結果を出すのか」、詰問を浴びせる大人が多くなった。
何か、会社のお決まり、“5W1H”みたいで違和感がある。
本当は、子供の素直な言葉に共感して、自然に手助けしてやるのが大人の役目だと思う。
何でも理論立てしようとせず、少し曖昧なところを残しておくから、人間らしくなるんじゃないかな。
それを、何でも理詰めで説こうとすると、ほど良い曖昧さが理解できなくなるかもしれないね。
名言、「やってみなはれ」じゃないが、「がむしゃらに」という言葉の意味は響いてほしい。
言葉を詰めていくと、最後はこのようにシンプルになるものだ。

肝心の野球の話…悪しからず!
わたしゃ、球技音痴なのでヌケヌケと解説などできましぇ〜ん。
子供の頃、野球がヘタクソだったので、わんぱく相撲と町道場で柔道を“がむしゃら”にやったぞ。

頑張れ、新潟アルビレックス・ベ−スボ−ルクラブ!
posted by GIG at 02:52| Comment(1) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、世紀の天体ショーはどうでしたか?
こちら伊豆大島は朝からどしゃ降り、NHKテレビで南洋のすばらしい青空が中継されたときは、思わず、南国へ行きたいと感じたのは、私と一緒にテレビを見ていた若い所員も同じ。42年前は確か小学生、下敷きで欠けた部分日食を見た記憶が蘇りました。ところで、今年の夏休み、例年ならバンコクのはずでしたが、インフルエンザの騒ぎで折角のホテル、航空券をキャンセルしてしまいました。なかなか取れないホテルだったので、悔しい限りです。そこで気持ちを切り替え、今年はバンコクを諦めて、その予算で大型液晶テレビ買ってしまいました。しかし、夏休みをずっと名古屋で暮らすのも芸がないと考え、1000円の高速代があるじゃないかと、新潟へ一泊二日で行くことにしました。8月1日(土)、2日(日)でホテルの予約も入れました。なので、1日の夜はGIGへ出没する予定です。よろしくです。
Posted by ジムビームA山 at 2009年07月22日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック