2009年07月10日

ム−ンウォ−クを見ちゃった?

今宵のT様、まずはジントニック!
 <急に会話のト−ンを下げると>
(客)中学生の娘が、その日に限って早く帰って来てさぁ…見られちゃったよ。
(私)見られた…キ〇タマを見られたとか?。
(客)違うよ…(笑)、マイケルだよ、マ・イ・ケ・ル。 和室でム−ンウォ−クの練習してたら、娘が隙間から見てたのよ。
(私)さぞかし驚いたでしょう。 年頃の女の子がメタボなパパのム−ンウォ−クなんて、見たくもないですしね(笑)。
(客)それを女房にこういいやがる…「お父さんが座敷で変な踊りをしていた」とさ!。
(私)それを聞いた奥様は何て?。
(客)「新潟甚句の練習じゃないの」とぬかしやがった。 俺はム−ンウォ−クをしていたんだ。
(私)で、それを誰に見せるつもりですか?。 忘年会はまだまだ先ですよ(笑)。
(客)そう言われれば…う〜ん。
(私)素敵なご家族ですね。

五杯目のウイスキ−を飲み干すと、タクシ−が店前に横付けされた。
椅子から立ち上がり、扉までフラフラと歩くこと5〜6歩…私はこの目でしっかりと見た!。
 『お−、完璧なるム−ンウォ−ク[千鳥足]ではないか!』

(私)別に和室で練習しなくても、酒を飲めば立派なム−ンウォ−クになっていますよ。
…無言でタクシ−に乗り込むと、窓を開けてこう叫んだ。
(客)(高音で)、『ア〜オ!』。
(私)(ポツリと)、『マイケルになっちゃったよ…』。 ご来店ありがとうございました。

※40歳過ぎのお父様がいらっしゃるご家庭の方へ。
畳や絨毯が磨り減っていたら、誰もいない時にマイケルに変身しているかもしれません。
「座敷わらし」だと思って、そっとしてあげて下さいね。
posted by GIG at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック