2009年03月29日

好みのバ−を探す

自分を癒せるバ−がある人は、「寛ぎ方」にセンスを感じさせます。
最初難しいのは、自分のテイストに合うバ−を探すことでしょうか?

静かすぎると少し窮屈だし、気軽に通い続けられません。
だからと言って、大手居酒屋チェ−ンのようなノリでは困ります。
では、オシャレなバ−に入ったものの、不自然に気取ったサ−ビスをされると逆に疲れますし、個人的に女性のサ−ビスも必要ないと思っています。
酒のウンチクも、度を越すと酒が不味く感じます。
言えることは、自分の勘を信じて扉を開けることから始まりますが、店との相性もあるので、テイストが合わなければ割り切ればいいだけのことです。

雑誌の掲載で集客を促進する形態とは少し異なるので、紹介者による紹介が多いのはそのためです。
「そこにバ−があったから…」、キッカケも人それぞれです。
見ず知らずの店で過ごす方が気軽だと考える人もいますが、匿名では誰も気に留められない分、逆に下品な振る舞いになりがちです。
自分が何者であるか、ある程度知られている店で飲んでいるからこそ、大人として振る舞え、人間関係も大事にしてもらえると思います。
顔と名前、会話のツボ、愛飲酒のラベルと飲み方…店主は知れば知るほど、理解や何かしらの便宜を図ってくれるようになります。
自分専用のバ−テンダ−が目の前にいるなんて、プチセレブな気分に浸れませんか?(笑)

元をたどれば、関係のほとんどが初対面から始まっていることから、扉を開けなければ、誰とも出会ってなかったはずです。
自宅と会社の往復に変化を付けたくなるのは、いい仕事をしている人の行動パタ−ンの表れであり、バ−は会社の中の自分だけではなく、社会の中の自分を確認できる、一種の大人のたまり場なのです。
自分の勘を信じて、仕事帰りに探索してみるのも楽しい時間かも知れませんね。

当店…? ジャズバ−ですが、カンヲハタラカセテミテクダサイ!
posted by GIG at 16:47| Comment(1) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ穴場。カフェバーみたいなナンパ店か多いのに流行りにこびない雰囲気がイイ。マスターと年も近いようだし???たぶん?夜の会議室になりそう
Posted by よっしぃ at 2009年04月21日 20:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック