2009年01月30日

タンカレ−NO.10

ジンの定番はカクテルベ−スとして「ビィ−フィ−タ−」が広く知られています。
私もお客様から指定がない限り使用しています。
女性に人気がある銘柄は、神秘的なボトルカラ−に魅了されやすい「ボンベイサファイア」。
アメリカ版“シャル・ウィ・ダンス”、バ−でのワンシ−ンにも、さりげなくボトルが演出されています。
男性は喉ごしが滑らかな「タンカレ−」で、度数は弱めながら「ゴ−ドン」もキレ味が新鮮です。
この度“酒を愛するM氏”のご要望にお応えして、少量生産で価値あるプレミアムジン「タンカレ−NO,10」をご用意致しました。
専門的な製法は省きますが、第35代アメリカ大統領“ジョン・F・ケネディ”が愛飲していた逸品です。
飲み方は自由ですが、舌触りが絶品なのでストレ−トがお薦めです。
保管は冷凍庫でとろけるほど冷やしておきますので、是非皆さんもご賞味して下さい。

バ−で、ご要望のお酒を特別にご用意することは信頼関係の証です。
店内、目が行き届く距離感だからこそ、その関係が成立しやすいメリットがあります。
方や悪例は、「アイリッシュの銘柄〇〇が飲みたい」との要望に応えても、ご本人は口開けどころか、お見えにならないケ−スもあると聞きます。
事情があったのかもしれませんが、どんなお店でも仕入在庫になることを考え合わせれば、軽視はできないはずなのですが…。
バ−は酒を飲み語らう場所であるからに、「型」あるマナ−は大切です。

今晩あたり“酒を愛するM氏”が柿ピ−をポリポリ頬張りながら、「いいねぇ〜」と酔いとろけていくお姿が目に浮かびますが…。
posted by GIG at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック