2008年07月06日

映画が好きだ

題材として映画を加筆しました。

ブル−ス・リ−に憧れた。
ティタム・オニ−ルに恋をした。
ジョ−ズで海を泳ぐのが怖くなった。
キングコングの迫力に圧倒された。
エマニエル夫人に興奮してしまった。
ロッキ−で感動して何かが変わった。

映画のチラシをコレクションし、古町七番町の名画座【ライフ】へ、リバイバル作品を観に行ってたのが中学生。
背伸びをして 「追憶」 「郵便配達は二度ベルを鳴らす」 「おもいでの夏」など、文芸作品に挑んだものの、中学生には理解できる内容ではなかった。

現在はヒュ−マン映画をペ−スに、ドキュメンタリ−・サスペンス作品を中心に落ち着いている。
映画の本数よりも、1作品を繰り返し探るタイプなので、その作品に思い入れは持ちやすい方だ。

改めて、スト−リ−の解説などはせず、私的に、「心を惹きつけられた理由」程度に留めます。
posted by GIG at 20:42| Comment(1) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃ〜〜
やっぱ、マスターのブログ
渋いね〜
いいね〜
Posted by 軽薄な花屋ハナヒデ at 2008年07月07日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック