2020年11月22日

辛抱強く

新潟県 「 Go To Eat 」 キャンペーン (お食事券) ご利用可能登録店です

数日前、香川県で修学旅行の小学生60人前後が乗る、旅客船が沈没した事故が報じられた。

全員が救出されたのは、ライフジャケットを身に着けて、海面に浮いて救助を待っていたこと。
低体温症の危険性もあるが、こういうときほどヘタに動かず、救助を待つことが生還につながる。

あわてふためくと溺れて海水を飲みこみ、ムダに体力を消耗するから、心の状態をおちつかせ、浮力で体力を温存しながら、大事なのは救助を待つことだと思う。

台風が接近しているのに、漁に出る船はない。
嵐が去るのを待つ、好天が来るのを待つ、ともに待つことが安全につながる。

今のコロナ禍も似たようなもので、精度の高い情報を知って、おかれている現実とつきあう。
そして、遠くの流れを見ながら、今できることをして、収束するのを 「辛抱強く」 待つ。

その意味で、ヘタに動かず、ジッと救助を待っていた、小学生の行動は参考になる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする